ダンススタジオ選びで注目!確認すべきである点

広さが重要!適切なスペースあるダンススタジオ選び

ダンスは、自己表現やダイエットなどに適した運動方法ですね。しかし、ダンスを思い通りにできるスペースとなると、住まいに見つからないことも多いでしょう。ダンスに専念するため、ダンススタジオを利用するということもできます。ただし、狭い場所では、十分なダンスを行う事ができません。ダンススタジオを選ぶ場合には、適した場所を選ぶ必要があり、参加する人数に合わせて適切な広さを持ったスタジオを利用すべきでしょう。

トラブルの対策に!騒音や振動のないダンススタジオ

ダンスを行うには、激しく体を動かす事も多いです。その際に、大きな騒音や振動が発生し、周囲に影響を与えることもよくあります。ダンススタジオには、十分な騒音や振動の対策が施されているかも重要なポイントでしょう。気兼ねなくダンスを楽しむためにも、周囲の配慮がなされた十分な設備が整っているダンススタジオを選ぶべきです。トラブルに巻き込まれないためにも、ダンスにふさわしい適した環境あるスタジオを選ぶことが大切ですね。

設備も充実?更衣室などが整ったダンススタジオ

ダンスを行う際には、適したコスチュームを身につけることが大切です。動きやく怪我を未然に防ぐことができる服装を身につけてこそ、ダンスにふさわしいです。しかし女性は特に、他人に着替えを見られるのは抵抗感がありますよね。そのため、ダンススタジオには更衣室があったほうが良いでしょう。また、洋服や貴重品を安心して預けておくことができるロッカーが完備されていれば、安心してダンススタジオを利用することができます。

ダンススタジオに入会を検討しているなら、体験レッスンを受けてみることをおすすめします。先生の教え方やクラスの雰囲気を見ることが出来ます。

詳細についてはこちら

薬だけではない!うつ病治療は周りの人のサポートが大切

家族の理解とサポート

4人に1人は発症したことがある身近な病気、うつ病は自分の大切な家族の誰かがある日突然発症してしまうかもしれませんね。うつ病になってしまった本人は自覚症状がない場合があり、家族が最初に異変に気づくということが少なくありません。病気が疑われる本人とコミュニケーションをしっかりとって早期に治療しないと症状が悪化してしまいますよね。また、治療のために病院を受診しても本人が医師からの治療方針が理解できない場合もありますので家族も一緒に病院に行くことをお勧めします。一緒に治療法を確認すれば安心してサポートをすることができますね。

担当医師との円滑なコミュニケーション

うつ病患者も医師も人間ですから、相性があります。その中で信頼関係をいかに構築できるかということが、うつ病治療には大変重要になります。うつ病治療は長期にわたることが多いですから、信頼できる医師を見つける時間を惜しんではいけませんよ。担当医師が優秀であっても、うつ病になってしまった人がその医師の助言に納得できない、理解ができないとなってしまうと、せっかくの治療も効果があらわれない可能性があります。患者の人が心から納得して積極的に治療をしていこうと思える医師を見つけられるといいでしょう。

職場でのサポートも重要

仕事をしている人は一日の大半を職場で過ごしますよね。家族と同じく、職場の人がいち早く気づいてあげられることができたら、うつ病の早期発見・治療につながりますよね。仕事を休むことが多くなったり、会話が減ってしまった、明るかった人が塞ぎこみがちになってしまった、仕事でミスすることが多くなったな、などと感じたら責めることはせずに、まず声をかけてみることが必要でしょう。本人が気づいていない場合がありますので、早めに状況を確認し、お休みを取って治療に専念できる環境を早めに準備する努力をしている職場もあります。

問診をしてうつの診断します。問診では現在抱えてる不安や身体の異常を伝え、診断基準と照らし合わせることでそれが病的なものかを判断します。


うつ病はとにかく休養が大事!3本柱の治療法で楽になろう

とにかく何もかもをお休みする

近年ではストレスケア病棟などの名称で、うつ病の人のための専門病棟を設けている病院もあります。重度のうつ病、自殺の危険性が高い場合、病院で休養をとるという治療方法が選択されるでしょう。休養はがんばることに対するドクターストップがかかったと思うといいのですよ。骨折や心臓病の時に運動はしないでくださいとストップがかかるのと同じことですから、いろいろなことを考えずに学校や職場は一度お休みをし、高齢者や主婦の人は、家事や近所づきあいを一度お休みすることも必要でしょう。

医師の指示による薬物療法

うつ病の場合には、おもに抗うつ薬をしようした薬物療法がおこなわれます。日本で使用できるものでも複数ありますので、症状や副作用の出方をみながら、医師が薬の種類や量を調整し、抗うつ薬を中心に数種類の薬をあわせて処方されることもあるでしょう。抗うつ薬は現在でも開発が盛んに行われているもので、第三世代の選択的セロトニン再取り込み阻害薬がもっともよく使われていますが、一定期間使用しても効果が見られない場合は、第二、第四世代が使われます。組み合わせて使われる薬は睡眠薬や抗不安薬、気分安定薬などです。

主治医との面談も精神療法のひとつ

ふだんの治療で主治医と面談し、現在の身体の状態や今後のことについてはなすということも精神療法に該当します。認知行動療法や対人関係療法、精神力動的精神療法などが、通常、精神科医と心理カウンセラーがチームを組んでおこなわれ、ある程度回復してきた時期からはじめる治療法といえるでしょう。状態が悪いときに人と話をしようと思ってもうまく考えがまとまらないので、かえって悪い影響が出ることがありますので、順調にうつ病の症状が回復して、家事や仕事を再開させていこうかなという時期に適しています。

うつ病の治療は早ければ早いほど効果があります。少しでもおかしいと思ったら気軽に病院に行くことが大切です。